Team

team

Office

Work

KOALA Techは九州大学伊都キャンパスの徒歩圏内に立地する福岡市産学連携交流センター(通称FiaS)を拠点としています。また、研究開発活動は、キャンパス内の九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センター(通称OPERA)でも行っています。九州大学が誇る世界有数の有機光エレクトロニクスエコシステムの一員として、そのインフラをフルに活用した研究開発を進められるのが、KOALA Techの強みです。

Communication

KOALA Techは、創業当初から外国人や女性を積極的迎え入れ、多様性のあるチームとなっています。経験や価値観の異なるメンバーが力を結集して目標達成にチャレンジしていくことは、時に摩擦や軋轢を伴うことがありますが、違いを尊重し、一人ひとりの強みを活かすことは、KOALA Techにとってもっと重要な競争力の源泉です。
社員全員参加のオールハンズミーティングや、ランチイベントでの交流などを通じて、スムーズな意思疎通と団結力の強化を図っています。
有資格社員による日本語研修など、外国人メンバーへのサポート体制も、充実を図っています。

Interview

有機半導体レーザーダイオードのような革新的エレクトロニクス技術に、国境はありません。KOALA Techの実現するソリューションは、世界中へ広がっていきます。そんなKOALA Techにとって、チームの多様性は技術革新や企業成長をドライブする最も重要な経営資源です。日々の業務シーンでは、日本語と英語が入り乱れて飛び交うのが当たり前になっています。インターナショナルな職場環境で活躍する社員のリアルな声をお届けします。

>Mohammed Ahmed

Mohammed Ahmed2023年4月入社

インドのバーバ原子力研究センター(BARC)で化学光学分光法の博士号を取得後、理化学研究所でポスドク研究員、その後研究員として分子分光研究に従事。

続きを読む

【今の仕事内容】コアラテックの測定チームのリーダーとしての私の主な責任は、製造チームが提供するOSLD(有機半導体レーザーダイオード)デバイスの特性評価を監督することです。私たちの焦点はこれにとどまらず、専任の材料合成チームによって合成された光利得材料内の光物性に関する詳細な研究の調査にまで及びます。私たちの仕事は、デバイスの性能を理解し、最適化する上で重要です。
当社は、OSLDデバイスの特性評価のために特別に開発された高度な光学的および電気的測定技術を採用しています。私たちのチームの勤勉な努力によって開発されたこれらの技術により、デバイスを詳細に調査し、包括的な分析と改善を確実に行うことができます。測定だけでなく、最先端の光学的および電気的シミュレーションを利用して、デバイスの構造を正確に設計し、製造開始前からその性能を予測および推定します。このプロアクティブなアプローチは、デバイスの微調整と最適化を支援し、機能と安定性を向上させるのに役立ちます。
コラボレーションは、私たちの成功の核心です。私たちのチーム間のコラボレーションは、既存のデバイスの改良を促進するだけでなく、有機半導体レーザー技術の実用化を進めるための新しい方法を探求することでイノベーションを促進します。

>Mohammed Ahmed

【仕事の魅力やりがい】博士課程では、新しいことを学ぶのが好きで、光学とレーザー分光法を使用してリアルタイムの問題を解決し、人々を助けるデバイスを作ることを夢見ていました。Koala Tech Inc.に入社する機会を得たとき、私はとても興奮しました。彼らはこのテクノロジーをヘルスケア、ディスプレイ、通信などの多くの分野で使用したいと考えており、これは画期的です。
私の博士号はこの分野に直接携わったわけではありませんが、一生懸命働き、新しいことを学びたいと思っていました。Koala Tech Inc.への入社は、同僚の揺るぎないサポートと協力の精神のおかげでスムーズに進みました。ここでの仕事で好きなのは、革新的な研究を行い、さまざまな分野の専門家とチームを組んで、これまで誰も考えられなかったものを生み出す機会があることです。

【前職のこと】コアラテック株式会社に入社する前は、理化学研究所で研究員として働いていました。著名な研究者のグループで、新しい高度な表面選択的超高速分光法の開発に重点を置きました。
理化学研究所のポスドク研究員、そしてその後の研究員としての在職期間は、大きな変革をもたらしました。最先端の光学技術や最先端の分析機器が利用できる環境でした。教授が理研で提供してくれた指導とメンターシップは、私のスキルを磨き、私の中にイノベーションの精神を育んでくれました。
この貴重な経験は、科学的探求と問題解決に対する私のアプローチを形作るのに役立ちました。私は、学んだ教訓と習得した方法論を前進させ、この豊富な知識を活用して、ここコアラテック社の革新的な追求に貢献する準備ができています。

【日本で働くこと】過去8年間、日本で働いてきて、目を見張るような経験をしました。私は心配してここに来ましたが、どれも真実ではありませんでした。この国とその文化は、私が期待していたものとは違っていて、うれしい驚きでした。
ここでの生活は、最初は戸惑いましたが、日本語がわからなくても思ったほど複雑ではありません。
日本人の同僚とのコミュニケーションは、言葉の壁のために難しい場合があります。しかし、Google Translator などのテクノロジー ツールにより、このハードルが大幅に緩和され、よりスムーズなやり取りが可能になりました。
日本語を学ぶことは、ここが私の家になったので、私のやることリストに入っています。また、日本人の間では、英会話をより積極的に受け入れ、参加することへの熱意が高まっていることにも気づきました。

【会社の雰囲気や環境】コアラテックには、協力的で協力的な職場環境があります。当社は、従業員の幸福と健康を大切にし、社交イベントを開催し、バランスの取れたワークライフスケジュールをサポートしています。小さなスタートアップ企業であるにもかかわらず、私たちの集団的な推進力は効率的な結果を保証し、私たちの協力的な姿勢は私たちを効果的に前進させます。
コアラテックは、あらゆるレベルでコミュニケーションがシームレスに流れるオープンな環境を奨励しています。従業員は、上層部を含む誰とでも関わることができ、迅速な回答とガイダンスを受けることができます。間違いはつきものですが、ここでは、物事を素早く学び、修正する機会として捉えられています。コアラテックは、私たちが学び、成長することを奨励しています。私は新しいスキルを習得し、仕事でもプライベートでも進化しています。これらのスキルは、将来きっと私の役に立ちます。

>Mohammed Ahmed

【研究結果をどのように未来につなげたい?】現在進行中の有機レーザーダイオード技術の研究は、有機蛍光半導体の可能性を活用しており、多くの利点を提供しています。これらの材料は、薄膜への加工が容易であり、製造プロセスでの害を最小限に抑えながら、開発を加速します。さらに、さまざまな基板への適応性と有機電子プラットフォームへのシームレスな統合により、非常に汎用性が高いとされています。
OSLD技術の進化を見据え、マイクロOLED技術に変革をもたらすと予測しています。高指向性発光、強化された単色度、波長調整可能性を想像してみてください。これらの進歩は重要であり、当社の技術がスマートグラスに容易に適用可能になり、機能と可能性の新しい時代を提示します。さらに、光ベースのセンシングと分光法を利用したポイントオブケア医療機器へのシームレスな統合により、特に従来のレーザー技術では検出が困難であった状態の診断に革命をもたらす準備が整っています。

【今後のキャリアやプラン】
私の野望は、フォトニクス技術の著名な研究開発スペシャリストになることです。将来を見据えると、私の夢は、OSLDのイノベーションの力を活用して、疾患検出における分光分析に特化した光学センシングデバイスを構築することです。この旅は、テクノロジーとヘルスケアの交差点で進歩を開拓し、最終的には診断方法論に有意義な影響を与えることを目指したいという私の情熱を刺激します。

【仕事での成功体験やうれしかったこと】私がKoala Techに入社したとき、当社の研究開発チームは、指向性の高い単色の光を発することができる革新的なOSLDデバイスの開発に注力していました。私は、設計と製造に熟練した専門家と積極的に協力して、この画期的なデバイスの作成に貢献しました。最終的に、私たちは成功しました!私たちのチームは、OSLD市場を大きく前進させる新しいデバイスを設計しました。
私は、新潟で開催された権威あるInternational Display Workshop(IDW)で、新しいデバイスを設計し、ライブデモンストレーションを行う機会を得ました。業界の専門家が私たちのチームの成果を認め、賞賛した瞬間は本当に目を見張るものがありました。彼らはそれを世界初のものとして認めました!私たちの努力がこのような評価と称賛を受けるのを目の当たりにして、私は大きな喜びと誇りでいっぱいになりました。

>Mohammed Ahmed

>谷口 亮輔

谷口 亮輔2022年7月入社

大学院応用化学専攻修了後、電子材料等の有機合成の研究開発に従事。

続きを読む

【今の仕事内容】有機レーザー発光材料の合成や精製、物性評価を担当しています。

【仕事の魅力やりがい】世界でまだ作られていない低分子材料を開発しています。発光材料あるあるですが、合成中に発光が目視で観察できるのでテンションがすごく上がります。特に、測定チームから「良い結果が出たよ!」という連絡を貰った時や社内発表で関心を持って貰った時にはやりがいを感じます。

【前職のこと】電子材料やその他機能性材料の合成をミリグラムからトンスケールまで経験してきましたが、新規材料の開発に興味を持ち転職しました。

>谷口 亮輔

【会社の雰囲気や環境】
私が入社してすぐ思ったのは、すごくアットホームで会社のことで何か分からないことがあればメンバーが迅速に対応してくれるというありがたい環境です。
また、上司も普段は忙しそうにしていますが、話かければすぐに的確なアドバイスをしてくれます。チーム内のミーティングでは、専門的な相談に乗って貰えますし、質問がないか必ず聞いてくれます。また、装置は一部、九州大学と共用させていただいていることもあり、高価な装置を使うことができ、非常に恵まれています。皆さん、国籍や専門が様々なので自分とは違う感性や考えを吸収でき、新鮮です。いわゆる受け身型ではなく、個人の裁量に応じて業務を進めることができる良い職場だと思います。

【研究結果をどのように未来につなげたい?】自分の開発する材料と技術で、無機材料より安価にレーザーを発振することができて、合成ステップ数を増やさずに発光色のチューニングができるとなればあらゆるデバイスに応用でき、強い技術、会社になると思います。

【今後のキャリアやプラン】
リサーチャーとしてターゲットの物性が実現できる分子設計を自ら提案できるエンジニアになりたいです。

【仕事での成功体験やうれしかったこと】今まで単離できなかった目的化合物が単離できた時や進行しなかった反応が進行した時は、苦労した甲斐があったと思えます。また、合成物の光学物性値が得られ次の分子設計のヒントとなれば、モチベーションが上がります。

>谷口 亮輔

Recruitment

【有機レーザー|デバイス研究開発 OLEDエンジニア】

世界を変える有機半導体レーザー技術!
注目の九州大学発のスタートアップ企業

福岡市西区

給与 年俸制 500万円〜900万円  *年収には⽉20時間分の固定残業代を含む
勤務時間 基本8:30~17:30 パートタイム応相談
休日・休暇 年間休日125日、完全週休二日制、年次有給休暇、年末年始休暇、慶弔休暇等